back






photo(c) Osamu Kurihara
Ko no mo to
-Playing and living under a Tree-

19.July-26.Aug.2007
Tokyo, Japan
Living Design Center OZONE
3F OZONE Plaza
cardboard, wood, fur, etc.
constructor: Tsuki-Zo inc.


It is a temporary open space for all ages, where they can stay and spend time together in their own ways.
"A white big tree" stands silently in the center, and "crooked trunks" and "soft fruit cushions" are placed around it.
Children play in and out of tunnel and climb into a tree house. Lovers sit together on a fruit and read together. Mother and baby lie under the tree and relax. And an elderly couple is observing the whole scene from the cafe.
Although they are all perfect strangers, "the big tree" unites all people and activities, and provides calm and comfortable landscape and beautiful memories of summer vacation.



このもと展
- 木の下であそぶ・くらす -

2007年7月19日〜8月26日
リビングデザインセンターOZONE
3F OZONEプラザ
主催:リビングデザインセンター
   OZONE
協力:渋谷はるのおがわプレイパーク
   目黒実、菱木晃子
施工:月造、安達
段ボール、木、ファー etc.


【このもと:木の下】
木のあしもと、樹下という意味で身の寄せ所にも例えられる。

いろいろな年齢の人が、それぞれの楽しみかたで一緒に時を過ごせる広場を作りました。
「まっ白な大きな木」が真ん中にそびえ立ち、その周りにはくねくねした「根っこ」や「ふわふわの実」のクッションがたたずみます。木にもうけられたトンネルや小屋で遊ぶ子どもたち、ふわふわに腰掛け本を読む若いカップル、木のふもとでくつろぐ赤ちゃん連れ、目の前のカフェからそれを眺める老夫婦。
互いに他人同士で関わりがなくても、「おおきな木」という生命がみんなをひとつにつなげ、穏やかで心地よい風景と美しい夏の思い出を作りました。



→ link:
 リビングデザインセンターOZONE
 月造



(c) copyright 2003 officemikiko, all rights reserved.